ヘルスアップコラム 2017年12月号 ヘルスアップコラム 2017年12月号 2017年12月号

Theme of this month

~感染経路を正しく理解しましょう~

ノロウイルスに注意!

ノロウイルスの流行時期は11月~3月です。ノロウイルスは強い感染力があるため、わずかな量でも感染し、激しい嘔吐や下痢を起こします。ノロウイルスの特徴を理解し、感染を予防しましょう。

感染経路

  1. 牡蠣などの二枚貝を生や加熱不十分な状態で食べることで感染
  2. 感染した人が調理した食べ物を介して感染
  3. 感染者の便や吐物が手に付着したり、空気中に飛散したウイルスを吸い込むことで感染
  4. 便、吐物が下水へ流れる
  5. 河川から海へ流れ 1. へ戻る
ノロウイルス感染経路

症状

潜伏期間

感染から発症まで24~48時間

主な症状

吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、微熱が1~2日続く

注意点

  • 吐き気が落ち着いたら、経口補水液やスポーツドリンク を飲む事で脱水を予防しましょう。
  • 1日以上、吐き気が治まらない場合や、尿が出ない場合 は脱水の危険性があるので、早めに受診しましょう。
  • ノロウイルスを体外に出すことが大切なので、ご家庭で は自己判断で下痢止めを使用しないようにしましょう。

感染予防

こまめな手洗い

ノロウイルスは石鹸やアルコール消毒薬では殺菌することはできませんが、流水と石鹸でこまめに手を洗うことで、ウイルスを洗い流すことができます。

食べ物の十分な加熱

ウイルスは熱に弱いため、食べ物の中心まで十分に加熱することが大切です。

ドアノブや手すりを、塩素系漂白剤でこまめに拭く

(保健師:田岡)


主食 ブリのタンドリー風

冬のブリは脂がのっており一段と美味しいと言われ、特に不飽和脂肪酸のDHAやEPAが豊富に含まれています。これらは血液の流れを良くするだけでなく、脳や神経の発育や機能維持に有効です。また、カレー粉にはコリアンダーやウコン、クミンなど複数のスパイスが調合されており、発汗・血行を良くするなどの代謝促進の効果も期待できます。

魚の生臭さが苦手な方でも、ヨーグルトに漬けることで食べやすくなります。

1人分:エネルギー313kcal

  • たんぱく質 24.3g
  • 炭水化物 11.0g
  • 脂質 18.5g
  • 食塩 1.1g

材料(2人分)

  • ブリ 2切れ(1切れ100g)
  • カリフラワー 100g
  • 赤パプリカ 1個(150g)
  • いんげん 4本
  • (A)塩 小さじ1/3
  • (A)カレー粉 大さじ1
  • (A)プレーンヨーグルト 100㏄
  • (A)おろしにんにく 1片
  • (B)塩 少量
  • (B)カレー粉 小さじ1

作り方

  1. ブリは両面に塩を振り、5分程置いたら水気をふき取る。
  2. (A)を混ぜ合わせたら、①を30分程漬け込む。
  3. カリフラワーは小房に分け、いんげんは3cm幅に、赤パプリカは3cm角に切る。
  4. 鍋に湯を沸かして(B)を加え、③を入れて2分程茹でた後、ざるにあげる。
  5. オーブンシートを引いた天板に②のブリを並べる。
  6. オーブンを200度に予熱して15~20分、焦げないように様子を見ながら焼く。
  7. 器に④と⑥を盛り付けたら出来上がり!

健診に関するご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせフォーム・
電話番号等はこちら