一般血液検査

検査項目

検査項目 基準値 解説
赤血球数 (RBC) 男性:400~539 万/μl
女性:360~489 万/μl
赤血球には、細胞に酸素を運ぶ重要な働きがあります。この赤血球の数を測定しています。
白血球数 (WBC) 3200~8500 /mm3 白血球は骨髄で産生され、主として体の免疫機能に影響します。 高値の場合炎症性疾患、細菌感染症などを考えますが、血球の種類を観察し、原因疾患の鑑別を行います。 低値の場合はウイルス性感染症や貧血等を考えます。
ヘモグロビン (Hb) 男性:13.1〜16.6 g/dl
女性:12.1~14.6 g/dl
赤血球を構成しているヘモグロビンの量を測定する検査です。
ヘマトクリット (Ht) 男性:38.5~48.9 %
女性:35.5~43.9 %
血液中の赤血球の容積をパーセントで示したものです。
MCV
(平均赤血球容積)
83.0~97.0 fl 赤血球の平均の大きさを表します。
MCV=Ht÷RBC×10
MCH
(平均赤血球血色素量)
28.0~34.0 pg 個々の赤血球の血色素量を表します。
MCH=Hb÷RBC×10
MCHC
(平均赤血球血色素濃度)
32.0~36.0 % 赤血球の容積に対する血色素量の比をパーセントで表したものです。
MCHC=Hb÷Ht×10
血小板数 13.0~34.9 万/μl 血小板の異常は出血性疾患との鑑別も重要で精査が必要です。

健診に関するご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせフォーム・
電話番号等はこちら